« CD-Rへの書き込み | トップページ | サーバを買ってしまった(5):CentOS5再度 »

2007年8月15日 (水)

サーバを買ってしまった(4): CentOS5 LiveCD

早速、CentOS5.0 LiveCD(日経linux付属)を動かしてみた。これは、RHのES(Red Hat Enterprise Server)のクローンと言われている。私は、RH8, RH9と使っているので、なじみはある。今は、VineLinuxだが。RHのデスクトップの赤い帽子は私は嫌い。CentOSは、これが無いのがよい。実際、CentOS5.0 LiveCD(日経linux)を動かしてみると、日本語フォントがショボい。出ない文字がたくさんある画面の下のほうが切れる...ということで、酷い。
日経もろくに確認しないで採録している。ブランドに頼り切っているのかな。まともにイメージをダウンしないとだめか。

|

« CD-Rへの書き込み | トップページ | サーバを買ってしまった(5):CentOS5再度 »

コメント

まったくです。CDブートするというだけのこと。rootにはなれないし、GCCもない。日本語もまともにでない。これでなにをせよというのでしょうか。

投稿: のびた うどん | 2007年8月22日 (水) 13時12分

のびた うどん さん、

はじめまして。同感です。

投稿: しらかば | 2007年8月22日 (水) 13時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サーバを買ってしまった(4): CentOS5 LiveCD:

« CD-Rへの書き込み | トップページ | サーバを買ってしまった(5):CentOS5再度 »