« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月29日 (金)

往年の名機IPAQ(2)

Sany0639 特徴的なのは、CFカードを挿すためのアダプタをPDAの後ろにつけるというアイディア。CFカードには無線LAN, 有線LAN, メモリなどいろいろなオプションが提供されている。
また、CFカードを2枚挿せるジャケットも3サードパーティが供給していた。私は、familiar 0.63のとときから無線LANカードBUFFALO WLI-CF-SG11Gをつなげて使っていました。0.84ではそこそこどうも長く接続できるようです。以前紹介しましたが、PCIのGW

-CF11Hという無線LANカードも動きます。
http://whitebirch.cocolog-nifty.com/blog/2007/07/slc3200_a55c.html
まあ、バッテリは食いますが.....Sany0637

| | コメント (0)

2008年2月28日 (木)

往年の名機IPAQ(1)

Sany0568COMPAQが作ったPDAの名機 IPAQ.凄く流行。COMPAQがHPに買収された後も、IPAQの名前で出している。
当時は、いろいろなテーマで研究・実験用に使われた。きっと、今のスマートフォンとか、iPodやiPhoneなども、この上で試作されていたのだろう。私もチョットした実験用に2代目のipaq 3850とbackup用に買った後継の3970を持っている。CPUはarmで結構クロックも速い。OSは、windowsCEで、compaqがファンドして移植したLinux(familiarプロジェクト)も動く。私をipaqは、このfamiliar0.63から、現在の0.82(2.4.19)まで3850に、0.84()まで3970に載せている。写真は3970でfamiliarのdesktopが表示されているところ。
(familiar OSは、http://www.handhelds.org サイトから今でもダウンロードできる。) まあ、PDAの草分けという感じです。

| | コメント (0)

2008年2月27日 (水)

カニサボテン

Sany0609カニサボが満開。このサボテンは小学校の庭でしおれかけていたところを貰ってきたもの。特に肥料は入れていないのだが、もう10年も咲き続けている。沢山増えたこともあり、鉢全体が満開になるというより、1つ1つの株が順番に満開になる。

| | コメント (0)

2008年2月26日 (火)

ザウルスSL-C3200:カーネルビルド(5)

ヒョットして、クロス環境がおかしいとみてみると、armのアセンブラが入っていない。何故かな、と思いつつ、ネットをみるとbinutils-cross-arm-2.11.2-0.i386を入れる人もいる。では、ということで、これをダウンロードしてインストールしてみた。

なんとRH7.1で、zImageができる。Centos5でもzImageができる。VineLinux3.2でもzImageができる!

結論
zaurusのSL-C3200のカーネルビルトはできる。
ただし、ザウルスサポートステーションの
http://support.ezaurus.com/developer/source/c3200/build_kernel_101J_c3200.asp
の記載に誤りがある。
インストールするものにbinutils-cross-arm-2.11.2-0.i386を追加する必要がある。
さらに、手順に以下を追加するべきだ:
make zImageの途中で、MACアドレスを聞いてくるので、改行で答える(これで正しい?)
以上でカーネルビルドできる(centos5, RH7.2, VineLinux3.2, VineLinux2.1)

| | コメント (0)

2008年2月25日 (月)

ザウルスSL-C3200:カーネルビルド(4)

Vine2.1でも出来ないなど重症の可能性があるので、RH7.2でやってみるか?
ということでやってみたが、
make zImageでエラー:
as: unrecognized option `-marmv4'
init/main.c: In function `debug_kernel':
init/main.c:228: output pipe has been closed

結局...
centos5/RH7.2の同じ状況。vine2.1と比較するとmain.cの228でエラーになっているのは同じだが、原因が違う。同じアセンブラでエラーだが、良くみると、asのメッセージが違う。

| | コメント (0)

2008年2月24日 (日)

ザウルスSL-C3200:カーネルビルド(3)

サポートドキュメントでは、OSは、RedHat6.1、6.2、7.1、7.2、Vine2.1と書いてあるので、centOS5やVineLinux3.2を選んだのがいけないのかと、VineLinux2.1でビルドしてみたがエラーが発生した。
init/main.cで、asmの-rオプションがエラー
Assembler messages:
Fatal error: invalid listing option `r'
init/main.c: In function `debug_kernel':
init/main.c:228: output pipe has been closed
cpp: output pipe has been closed
かなり重症の可能性がある。RH7.2でやってみるか?

| | コメント (0)

2008年2月23日 (土)

ザウルスSL-C3200:カーネルビルド(2)

VineLinux3.2はやばそうなので、centos5でbuild。armv4l-linux-gccともならずに、コンパイルが進行。 make depは、完了。make cleanも完了。しかし、make zImageでinit/main.cのコンパイル中に以下のようにエラー発生。
as: unrecognized option `-marmv4'
init/main.c: In function `debug_kernel':
init/main.c:228: output pipe has been closed

一体何故?

| | コメント (0)

2008年2月22日 (金)

ザウルスSL-C3200:カーネルビルド(1)

久しぶりにザウルスをいじってみる。LAN関連のアダプタをつないでみることに。先ずディバイスドライバをコンパイルできる環境をとはじめたが、結構、ザウルスは下火傾向なのか、ネットでの話題も少なく難航した。
(1) はじめに、ザウルスサポートステーションの
http://support.ezaurus.com/developer/source/c3200/build_kernel_101J_c3200.asp

に従って、SL-C3200用のlinux環境を構築する手順に従って、Vine3.2の環境で、カーネルソースの入手、展開した。

(2) 次に、カーネルコンフィギュレーション。
以下の手順で、カーネル設定ファイルを作成
$ make menuconfigとすると、
No architecture defined.
とエラーになる。makeの中には、ARCHは定義してあるが....vineLinuxが悪いのか?
どうもVineLinux3.2ではncurses-develが不足しているらしいので、
apt-get install ncurses-devel
とそれを追加した。結果、メニュでalternate-configファイルを選ぶと、ファイル名の指定がでてくるから、ザウルスサポートステーションの通りに"arch/arm/def-configs/terrier-j"を入力。とりあえず、このフェーズは完了。

(3)いよいよカーネルイメージ ( zImage ) の作成 だが、
$ make dep;
と入力すると、armv4l-linux-gcc:が無いと文句を言われた。
クロス環境では/opt/....にクロスコンパイラがインストールされているのだが、arm-linux-gccしかない。何で、違う名前が呼ばれたのか?変だなと思いつつ、armv4l-linux-gccをarm-linux-gccをリンクして続行。結局、constants.hの処理付近でエラーで停止

これば、やばそうなので、Vine3.2でのkernel buildは取敢えず諦め。

| | コメント (0)

2008年2月21日 (木)

今更:RedHat7.2をインストール

古い環境での動作確認のために、引き続きRedHat7.2のVMwareへのインストールにも挑戦。このISOイメージも、まだ、理研のftpサイトにある。CD-ROMは2枚。もしかして、Xが使えるのではないかという期待も空しく、Xが使えない。結局、VineLinux2.1と同様に、文字モードでイントールして利用することになった。

| | コメント (0)

2008年2月20日 (水)

今更:VineLinux2.1をインストール

古い環境での動作確認のために、VineLinux2.1のVMwareへのインストールを試してみた。ISOイメージは、まだ、理研のftpサイトにある。CD-ROMは1枚。このころは牧歌的?
ftp://ftp.riken.go.jp/pub/Linux/vine/Vine-2.1/
だが、古いこともありVMwareへのインストールは、うまくいかない。

例えば、Xが使えない。vmwareは、ビデオドライバとしてVMWAREの固有のドライバを必要としているので、十分古い VineLinux2.1ではこのビデオドライバをサポートしていない。
Xモード(/etc/initabのidを5)で無理無理動かしてみたら、xserverがすぐこけるため、画面がブリンクするよう(?)になって失敗。結局、文字モードでイントールして利用するしかない。まるで、30年前にタイムスリップ。
その他、キーボードのマップが違う等の不具合が在るかこれには目をつぶる。外部からsshで利用することで、一応使えるようになった。

| | コメント (0)

2008年2月19日 (火)

携帯電話の通話料(3社比較)

私の利用の仕方で比較すると、そこそこの端末では、2年間の利用で、

SBは、2,000円x24ヶ月+5万円ー5万円=4.8万円
DoCoMoは2,000円x24ヶ月+4万円-1万円=7.8万円
auは、2400円x24ヶ月+2200円(手数料)=6万円

これだと、明らかに値段からみるとSBの一人がち。他社がこれを見てだまっているのだろうか??

春の入学シーズンキャンペーンの更なる進行が楽しみ。

| | コメント (0)

2008年2月18日 (月)

携帯電話の通話料(au)

音楽携帯・AQUOS携帯で人気だが、音楽は使わず、ワンセグも見ないので、上の条件で誰でも割り1800円/月とダブル定額の1000円。
これに端末が加わる筈だが、販売店に行ってみると、特定オプションの加入(着うた、安心(なくしてもOK、1年後にバッテリーを交換)、ダブル定額、フルサポート、特定電話への割引)を条件として新型でも0円になる端末ばかり。結局、3400円/月となる。ただ、ポイント6000円分+新規加入のキャッシュバック1万円があるし、要らないオプションをすぐ解約することで,月当たり3100円-660円=2400円/月程度になる。
ただし、2年過ぎても月当たり支払いはこの額のまま。

| | コメント (0)

2008年2月17日 (日)

携帯電話の通話料:ソフトバンク(3)

もう一つ気になるのが、電波状態。掛かりにくいという評判を聞いたが、販売店で聞いてみると、順番待ちだが、宅内アンテナを1万円で付けられるという。疑い深い人には電話機の貸し出しサービスもあるという(これも順番待ち)。これを使うと、ホワイト特割の期間が過ぎてしまうが...

評判には、ひとつひとつ対応しているところがアメリカっぽいな。

注:分かりにくい料金体系や割引が入り乱れているなか、私の理解の範囲で(私のために)書いたので、間違いがある可能性が高いです。

| | コメント (0)

2008年2月16日 (土)

携帯電話の通話料:ソフトバンク(2)

先ほどのソフトバンクの想定料金(安い端末3万円(805SC)で合計3325円)をもって販売店で確認してみた。そこでますますサプライズ。何と特割というのがあって、端末代の1280円を料金として割り引くというもの。これだと、
*** 月2000円程度***
の支払いになる。
別のところでみると、5万円程度の端末や6万円程度の端末で通話料月2200円引きというのがある。5万円の端末だと、ほぼ端末代が相殺されて月2000円程度となる。

端末が高くなると、割引も増えるが、例えば、3380円/月だと、割引が2200円。想定した利用料2000円がまるまる割り引かれて、端末の料金だけになるという寸法。

凄いマジック。これは販売店で「特割」と聞いたのが、カタログを良くみると「新スーパーボーナス」(特別割引)と書いてあった!初見でカタログを読んでもここまでは読み取れない!

結局、二年後は、やはり2000円/月。ただし、パケット代が2倍になるので、もう少しあがる可能性がある。

パケットの使いすぎについては、安全装置が付いている。この分、DoCoMoはタイプリミットがあるが、やや高い。

注:分かりにくい料金体系や割引が入り乱れているなか、私の理解の範囲で(私のために)書いたので、間違いがある可能性が高いです。少しつつ直しています。

| | コメント (0)

2008年2月15日 (金)

携帯電話の通話料:ソフトバンク(1)

ホワイト学割を使うと、通話料がかなり安くなって2075円/月。(315+20*30*2+7000x0.08)
端末が6万程度なので、これが月2500円ど効いて来る。これを安い端末3万円にすると1250円。
***  合計で、3325円 ***
殆どDoCoMoと同じ額になる。ソフトバンクって安いイメージがあったが、堅実、DoCoMoとどっこいどっこいで「サプライズ」。
よく見るとホワイトプラン学割のパケット代が、0.2円とiモードの従量制課金の2倍。だが、現実、メール主体の利用者の場合競争力を失うので、パケット代が0.08円に改善されている。
ユーザの努力でソフトバンクに引き込むと、メールが無料になって7000x0.08円=560円が安くなり、合計で1515円。月2785円になる!がこれはすぐ実現はしない。あとは、音声部分を出来る限りメールにすることで安くすれば、-1200円。
ソフトバンクを安く使う戦略は、
1)音声をやめてメールにする
2)メールの相手をソフトバンクに引き込む
ということになる。ただし、PCメールは使うので、必ずしも2)は100%完璧にはならないが。うまくいけば、最低で、1500円/月が実現する。

という知識を持って販売店に行ったらまたまたサプライズ(次回)。

注:分かりにくい料金体系や割引が入り乱れているなか、私の理解の範囲で(私のために)書いたので、間違いがある可能性が高いです。

| | コメント (0)

2008年2月14日 (木)

携帯電話の通話料(DoCoMo)

先の使い方の場合を前提に通話料を考える。先ずDoCoMoの場合を考えることにする。
で、通話料は、バリューSSで1000円+パケットパック10で1000円。合計2000円。これに端末の値段が分割で加わる。端末は大体4万円(705シリーズ)として24ヶ月支払いとすると、3600円/月。若者(22才以下)は1万円キャッシュバック(K’sデンキでは見かけたが他にあるかは知らない)で、トータル3250円/月。2年以降は、2000円/月となる。
端末0円の「年代落ち端末」があれば事情が変わるが、量販店やドコモショップでは見かけない。従って、これは除外

注:分かりにくい料金体系や割引が入り乱れているなか、私の理解の範囲で(私のために)書いたので、間違いがある可能性が高いですよ。

| | コメント (0)

2008年2月13日 (水)

携帯電話の通話料:カメラ

カメラのデータの転送は、従量制だと一枚数十円から、数百円するということが分かり(常識かも)、愕きの一言。
業界の動向を書いた本では、「面白がってどうせならとカメラ付き携帯を買うがすぐ使わなくなる」とあったが、「転送料があまりにも高いのでばかばかしくなって」使わないのだろう。
パケホーダイなら話は別だと思う。

ただ、シャッター音がするので、店のなかでバチバチとるわけに行かないのが難点。ブログ用には最近はデジカメを持ち歩いている。

| | コメント (0)

2008年2月12日 (火)

携帯電話:の通話料(使い方)

子供も大学生になるので、そろそろ携帯の検討を再開、各社の携帯の値段や通話料を調べ始めた。通話料は分かりにくいという評判で、各社のホームページに「わかりやすく」記載されているが、それでも分かりにくい。
想定する使い方は、
・学生で、音声通話は月に30分、メールを主体の利用で、月7000パケット。
・PC/インタネットを既に利用している。従って、音楽はPCからiPodにデータを移すので、音楽のダウンロードもしない。また、動画もPCで見る
という条件を設定。
これは、携帯を連絡用に使うという「携帯」本来の使い方のような気がするが。キャリアにとっては嫌われる使い方かもしれない。
だが、「携帯のみ」使っている人と「パソコンインタネット」も使っている人は明らかに違うと聞いたことがあるので、後者の条件はかなりクリティカル。

| | コメント (0)

2008年2月11日 (月)

B級グルメ:横浜ラーメン

Sany0605海苔大きいx3、チャーシュウ極小x1,ホーレンソウ少々、中ライス付き。麺は少々太め。醤油ラーメンだが、結構、あぶらが入っている。 ライスにラーメンに乗っているのりを移して食べる。650円で満足。
でも昼時に大音響で昼ドラ系テレビ番組を流さないで欲しい。Sany0606  ね。

| | コメント (0)

2008年2月10日 (日)

B級グルメ:おべんとう春

20080205131245 シウマイの老舗、崎陽軒製。言うまでもなく崎陽軒のシュウマイx2、タマゴ焼き、唐揚、スイーツ、フルーツ、焼き魚、等定番のオカズが思いのほか多く入っている。630円。これは、春夏秋冬の4つのバージョンがある。確か、「冬」は500円台だったように思うが、値段はまあまあ手ごろ。新幹線に乗るときいつも買う。手拭もついているのが嬉しい。東京までの間に食べ終わるので時間の節約にもなる。

| | コメント (0)

2008年2月 9日 (土)

B級グルメ:かけそばでっせ

20080207191846 インスタントのソバやウドンは、赤い狐とか、ドンベイが有名だが、面白いソバを見つけた。それには何と具がない。とんでもないと思うかもしれないが、自分でいろいろ具をかけられるという意味では一品。例えば、生卵をかけて月見になる。チョットいいなと思うのが、キザミ海苔を自分で目一杯かけた、ノリソバが気に入っている。

| | コメント (0)

2008年2月 8日 (金)

B級グルメ:幕の内弁当

Sany0574 業界の集まりで出るお弁当。白いご飯に黒ゴマと梅干が特徴。煮物、焼き魚、刺身、揚げ物、甘いもの、デザート等のオカズが付いている。さすが、コンビニ弁当に比べて結構豪勢。

| | コメント (0)

2008年2月 7日 (木)

ファブリックの箱(3)

Sany0615_3 コクヨ製と無印良品製は、両方A4が収納できるにも関わらず、大きさが微妙に違う。
並べて保管するとき、取っ手の位置が違ってしまう。規格はないのだろうか。

| | コメント (0)

2008年2月 6日 (水)

ファブリックの箱(2)

Sany0609 無印良品の紙箱は、2100円程度で安いが、紙質は厚く、組み立て式。この組み立てが面倒で時間がかかる。
http://www.muji.net/store/cmdty/detail/4945247300253
箱のままだと運送費も掛かるが、組み立て時間はかなりの負担。それでも、代換品がないので、いくつか購入して、組み立てている。ボッチをギュと入れればよいと書いてあるが、ねじ込まないとしっかりとまらない。指にタコができてしまった。ペンチを使ってねじ込むしかない。Sany0611

| | コメント (0)

2008年2月 5日 (火)

ファブリックの箱(1)

Sany0605書類の保管箱としてファブリックの箱は便利。だが、最近売っていない。何年か前に完成品として山積みてあったコクヨ フFB6Dという型番ものを買った。2500円ぐらいしたかな。具合が良かったが、その後、何回か探したが入手できなかった。
類似のものが、無印良品にあることを発見。2100円程度で安い。"硬質パルプボックス・フタ式" (V) 幅25.5x奥36× 高32cm.早速入手して見ると...

| | コメント (0)

2008年2月 4日 (月)

B級グルメ:やきとり定食

Sany0600 新横浜は全般的に飲食店が高い。ここは、yakitori-club。「やきとり定食」(1000円)。味噌汁とご飯がお代わり自由。やきとり5本+サラダ+とろろで、量的にも質的にも合格。でも、毎日食べるには少し高いな。
入り口がいつも開放されているので、店内にいても冬は足元が寒い。

| | コメント (0)

2008年2月 3日 (日)

B級グルメ:秋葉原(2)

Sany0596 昼にラーメンを。有名そうなので入ってみた。メニュを一見すると850円とか950円が並んでいた。高すぎない?とよく見ると、600円の醤油ラーメンがありました。チャーシュウ小一枚、海苔極小一枚。醤油が売り物といっているが、炒めねぎ粉末とモヤシが乗っている。とうもこの炒めネギの味が勝っている。でも、汁が異様に少ない。麺はきしめん状。卵なし。600円なので合格としたい。Sany0597

| | コメント (0)

2008年2月 2日 (土)

B級グルメ:秋葉原

20080131113719_2  仕事で久しぶりに秋葉原へ。秋葉原は小学校3年の「ラジオ少年」のころから出入りしている。最近、「若者の町」と定評があるので、企業や学校が若者の集客を狙って集まってきた。でも、豪華絢爛のビルに入居しているところがアンバランス。20080131113825

| | コメント (0)

2008年2月 1日 (金)

B級グルメ:OKストアのおにぎり

20071212184311 日常の食べ物は写真を撮ることを忘れてついつい先に食べてしまうのであまり書く機会がなかったのだが、「おにぎり」について一言。コンビニで買うと115円~150円。バランス感覚としては100円ハンバーグに相当するとすれば、そんなものかと思えるが、やはり納得できないものがどこかに残る。最近発見したのが、OKストアで1ケ50円のおにぎり。これは、海苔を後から巻くタイプで、大きさも小さくない。中身は梅干・オカカなど。この辺が適正価格かと納得している。

| | コメント (2)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »