« ザウルスSL-C3200:カーネルビルド(3) | トップページ | ザウルスSL-C3200:カーネルビルド(5) »

2008年2月25日 (月)

ザウルスSL-C3200:カーネルビルド(4)

Vine2.1でも出来ないなど重症の可能性があるので、RH7.2でやってみるか?
ということでやってみたが、
make zImageでエラー:
as: unrecognized option `-marmv4'
init/main.c: In function `debug_kernel':
init/main.c:228: output pipe has been closed

結局...
centos5/RH7.2の同じ状況。vine2.1と比較するとmain.cの228でエラーになっているのは同じだが、原因が違う。同じアセンブラでエラーだが、良くみると、asのメッセージが違う。

|

« ザウルスSL-C3200:カーネルビルド(3) | トップページ | ザウルスSL-C3200:カーネルビルド(5) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ザウルスSL-C3200:カーネルビルド(3) | トップページ | ザウルスSL-C3200:カーネルビルド(5) »