« 2008年4月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年5月21日 (水)

メガネ新調(3):完成

中3日おいてメガネが出来上がり。かけて見ると当たり前だが良く見える。でも、メガネってどうしてもっと早くできないのだろうか。

| | コメント (0)

2008年5月20日 (火)

メガネ新調(2):レンズ

プラスチックレンズ:あるのは以前からしっていたのだが、軽いほうが良いというのでプラスチックにしてみた。
傷とか熱(焼肉屋で注意・車の中に放置しない)とか結構気にしないといけないようだ。
吉とでるか凶とでるか.....

| | コメント (0)

2008年5月19日 (月)

メガネ新調(1):フレーム

メガネを無くしてしまい、新調することに。
近所のメガネ屋に行くと、ちょっと大きめレンズのフレームが増えていた。レンズの小さいフフレームからちょっと大きめなのに変りつつあるのかな。これは私の好みなのでうれしい。

| | コメント (0)

2008年5月18日 (日)

10年ぶりのアウトドア

Sany0860 先日の高尾山でのハイキングでは、ガスボンベを使ったのだが、この器具が学生時代に買ったもので大変古い。その上、10年間も放置してあったので不安だったが、正常に動作した。
....火力が弱いという欠点も思い出した。Sany0864

| | コメント (0)

2008年5月17日 (土)

高尾山のお気に入りのスポット

Sany0862_2 紅葉台を過ぎたあたりから、ちょっと脇に逸れたところにある屋根付きの休憩所がお気に入り。学生のころから高尾山には運動がてら頻繁に来たのだが、ここでお弁当を食べるのが定番。人ごみから離れてゆっくりできるのがよい。以前は近くにも屋根付きの休憩所があったのだが、なくなってしまったようだ。Sany0859
ところで、右の写真の花も目立っていた。一瞬アジサイかと思ったが、花は白いし、木の様だし、名前をご存知?

| | コメント (0)

2008年5月16日 (金)

高尾山

Sany0839 昨日、久しぶりに高尾山にハイキングしてに行った。晴れてはいたものの富士山が見えるほどではなかったが、暑くもなく、満足度は高。登りはケーブル(リフトまでは登りがきついので)。ケーブル乗り場(上)からは、圏央道と中央道とのジャンクションも見える。その後、頂上までは徒歩。高尾山山頂は、富士山が見える方向に売店があったが、それが撤去され見晴らしが良くなった。Sany0840 以前山頂から稲荷山方面に下るとことの足場が悪かったが整備されていたし、標識も新しくなっている。

下りは、谷川沿いか、尾根沿いか悩んだが、緑の深そうな谷川を選び小一時間、ホトトギスを聞きながら散策。周りは、この花が群生していた。たSany0865 (名前は?)

| | コメント (0)

2008年5月 7日 (水)

USBカメラ:UCAM-P1C30MN

Sany0794 UCAM-P1C30MNWHは、Elecom社製の小型USBカメラ。類似なものに、(TCM 234282 ,TCM 226 878, Sansun SN-508、typhoon EASYCAM USB 330K,Samsung-PLEOMAX F24,SilverCrest Webkamera 1.3 MPixなどがあるという。
IDは、Vendor=093a ProdID=2600チップは台湾のPixart Imaging Inc.のワンチップで、PAC 7311。Isochronousフレームも、64byte~1023byteとバリエーションがある。消費電力はディバイスの中の情報には100mAとなっているが箱には最大500mA必要と書いてあり記述に矛盾がある。どちらが正しいのだろう。カメラのワイアは細い。
linuxでは、2.6.11以降用のGSPCAV1で動作するとあるが、VMwareでやってみると非常に動作が不安定で、「一瞬絵が出る」というレベル。usb1.1でも動くと仕様にあるので、うまくやれば動くのだろう。Nativeで動作させると一応動くが、画質はかなり悪い。今後の解析に期待したい。
gspcav1の前身の2.4.用のドライバSpca5xxでは、このカメラは認識されてない。 (http://mxhaard.free.fr/download.html)。

| | コメント (0)

2008年5月 6日 (火)

USBカメラ:多摩電子工業Z-102

Sany0801

何年か前に秋葉原で在庫処分しているところを2000円で購入した。linuxで簡単に動くかと思ったが大間違い。長い間放置してあった。チップは台湾製のSN9C101。当時からこのチップの解析をいろいろな人が行っていた。最近調べると、linuxに spca5xxというドライバがある。これをvineLinux3.2(kernel 2.4.31)でコンパルして動作した。フレーム速度が速く設定されているので夜間の室内では画面が暗い。この調整ができるのだろうか。
このチップはisochronousのフレーム長はかなりバリエーションがあるのだが、ドライバで細かく設定できるのだろうか。一方、バルクモードで画像が読めるというのも廉価版のusb hostコントローラを意識してのことなのだろうか。ところで、色が今一で、320x240の改造度の場合、ノイズがかなり多かったり...ただ、FMV Biblo T50のVMware上で動作させた場合は、相当安定性が悪い。
ドライバはもうひつと別のものがあるらしいが、まだ、調べていない。linuxドライバの開発が遅れたのは、チップの情報があまり公開されていないから。

消費電流: 500mA
記事 関連記事は以下:
http://allabout.co.jp/internet/lan/closeup/CU20040610A/index.htmhttp://www.asahi-net.or.jp/~QX5K-ISKW/develop/bunkai/z102.html

| | コメント (0)

2008年5月 5日 (月)

USBカメラ:UCAM-C1C30(4)

UCAM-C1C30をlinuxでつづき。実は、linuxには標準についているov511のドライバには、デコードモジュールがある。
ov511-decomp.oこれは配布されいないが、もとのドライバのサイトにはある。usb1.1のカメラは実はUSBの転送レートが遅いので、各社カメラとPC間の通信に工夫をしている。これを圧縮モードという。これは非公開なのでドライバ作成者が頑張っている。ov511もこのデコードモジュールを使うとやや早くなるし、転送量も少なくなり、fpsが稼げる。

| | コメント (0)

2008年5月 4日 (日)

USBカメラ:UCAM-C1C30(3)

UCAM-C1C30をlinuxで使うにはといっても、まずは難しいことはない。というのも、linuxには標準で、ov511のドライバが付いている(kernel 2.4.31では付いていた)。
が、このドライバは実はいろいろな機能が付いている。例えば、露光の調節・バックライト・isochronusフレーム長の変更・画面の範囲の設定など。
modinfoコマンド(/sbin/modinfo -p モジュール名) で見ると、一覧が表示される。

| | コメント (0)

2008年5月 3日 (土)

USBカメラ:UCAM-C1C30(2)

Sany0434 ELECOM UCAM-C1C30の使用しているチップはこのov511とセンサチップの2チップ構成であり、今の1チップ構成のUSBカメラに比べてコスト高と思われる。残念ながら、このカメラは既に生産中止されている。私は予備にもう1台購入してある。
ところで、このカメラはレンズ周りのつくりが今一。ピントを合わせようとしてもガタがありすぎる。
LINUXで重宝されるUSBカメラならさぞかし他機種も市場に出回っているかというと、アシスト C-M1 USB Image Camera、日立マクセル プリンM1などの名前があがるがすでに製造中止になっている。Sany0430 <写真左はov511チップ。写真右はその基盤のウラに取り付けられたセンサチップとレンズ>

| | コメント (0)

2008年5月 2日 (金)

USBカメラ:UCAM-C1C30(1)

Sany0436 ELECOM UCAM-C1C30は、これ結構有名なカメラ。というのも、内部のチップがomni vision社のov511で、linuxでよくサポートされているからである。
更に、isochronus転送の際のフレーム長が33,128から961バイトまである。これは1つのUSB1.1ケーブルで複数のカメラをサポートできたり、チョット前までの組み込み機器用のUSB HOSTチップで十分なisochronusバッファを持っていないものでもサポートできるという優れもの。
組み込みでよく使われるARMのCPUはIntel PXA270のようにUSB On The Go(OTG)のUSB HOST機能をもっているものが使われ始めたので、こうしたUSB HOSTチップは使われなくなるのかもしれない。

| | コメント (0)

2008年5月 1日 (木)

USBカメラ:QCAM EXPRESS

Sany0789 ロジクール社のQCAM EXPRESSも結構古いUSBカメラ。随分前にバザーで1000円で購入。これもlinux/windowsともに動作可能。結構、明るい。Vendor=046d ProdID=0870で、linuxで動かすにはドライバをインストールする必要がある(vineLinux).isocでフレーム長は1023のみ。
quickam expressのトライバのコンパイル・makeは容易で、2.4系kernelでも動作可能する。JMFで動作確認したが、160x120YUV=9.6fps/15fps(昼間),176x145YUV=7.4fps, 320x240 RGBの性能がでる(FMV Biblo T50SN)
ただし、160x120のときは、全体画面の一部が切り取られて表示されてる。

| | コメント (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年8月 »