2007年8月29日 (水)

自動車保険の更新

以前は、更新の時期の少し前になると申込書が送られてきてそれに印を押して送り返すだけで自動車保険の更新はOKだったが、今年は、申し込み書を送り返したあと、代理店から内容の更新の問い合わせの紙が送られてきた。政府からの指導だそうだ。「保険会社の不払い」問題の一環だと思うが、指導する先は保険会社であって、申し込みする人ではない筈。問い合わせの紙の中に、「この問い合わせに答えないと契約でしない」という趣旨が書いてあったが、既に申し込み書を送ってあるのにこの問い合わせのやりとりの間に、保険が切れたときは誰が責任をとるのか。これこそ不払いの原因を作っているようなもの。不愉快。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年1月15日 (月)

車両料率:2007版

自動車保険料率クラスを掲載している小池様のサイトが2007年版に更新されていました。
http://www.hosyou.com/koike/
早速、調べてみました。
(数字は車両、対人、対物、障害の順)

新ストリームが登録された。保険料率は、先ずは標準値に設定されています。

RN6 4 4 4 4 B   
RN7 4 4 4 4 B   
RN8 4 4 4 4 B   
RN9 4 4 4 4 B   

オデッセィ
RB1:変化なし
RB2:2007年になり、対人が4から3へ, 対物が6から5へ改善しています。

RB1 5 6 5 4 B   
RB2 4 3* 5* 4 B

フィット
GD4は、車両が5から4へ改善しています。

GD1 3 4 4 5 A   
GD2 3 4 4 4 A   
GD3 4 4 4 5 A   
GD4 4* 6 5 5 A   
GD6 4 6 5 5 A   
GD7 4 4 6 5 A   
GD8 4 4 5 5 A   
GD9 4 4 4 5 A   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月21日 (火)

自動車保険:車両料率クラス表(2)

自動車保険:車両料率クラス表を「表」にしてみました。
中身は同じなのに、信憑性がでてきたと思いませんか?
http://whitebirch.cocolog-nifty.com/blog/2006/10/post_98e8.html

やり方に興味のある方は、「ブログ:表を書き方」を参照。
http://whitebirch.cocolog-nifty.com/blog/2006/11/post_f1ba.html

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2006年11月 3日 (金)

自動車保険:ストリームの車両料率クラスと保険料

ホンダのストリームアは、2006年のモデルチェンジ後、急速に売り上げが復活して8月は3000台、9月は1万台とだんだん増えています。

2004年の車両料率クラス(車両 対人 対物 障害)は
ストリーム2000アブソルート(RN5)  5 5 5 3
ストリーム2000(RN3) 3 4 3 4
ストリーム1700(RN1) 5 5 4 4
となっており、RN3が良いですが、他は、車両・対人が高いですね。何かの事故の結果、保険料がアップしたのかな。

2006年になると、以下のようにRN5は車両・対人が改善、対物・障害が悪くなっています。他の形式もと少しづつ変わっています。
ストリーム2000アブソルート(RN5) 4 4  5 5
ストリーム1700(RN1) 4 5 5 4
ストリーム2000(RN3) 4 4 4 3

モデルチェンジ後の形式は、RN6、RN7(以上1800cc)、RN8,RN9(以上2000cc)ですが、車両料率クラスが分かりません。ご存知でしたら教えてください。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年10月22日 (日)

自動車保険:車両料率 検索サイト

2006年の自動車保険料率クラスを掲載しているサイト発見。凄い。皆さん、ご参考に。
http://www.hosyou.com/koike/
料率クラス、型式・メーカー・車名・車両クラスから検索できます。(2008/3/9現在、整備のた休止中だそうです)
http://hosyou.com/sonpo/class/index.html
小池様、これからもがんばってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月21日 (土)

自動車保険:オデッセイの車両料率クラスと保険料(2)

オデッセイアブソリュートの方が保険料が安い!?
前出の現行モデル(RB1)では、車両料率は 対人6 車両5  対物5 障害4 となっていますが、オデツセイ アブソリュート(RB2)では、4 4 6 4 となっています。つまり、車両クラス 対人クラスが4とRB1に比べて1ランク以上低くなっています。(ただし、対物クラスは1ランク上ですが。)
これは、微妙なところですが、オデツセイ アブソリュートの方が車両・対人保険部分の掛け金が安いということです。なぜ、ちょっとだけ車両料率が違うのでしょうか。

過去に、RB1ユーザの中で対人、車両で事故が起きたということなのでしょうが、車の仕様からみると、殆ど変わってないので、何故RB1とRB2という区分けをするか、保険料をかえるのか疑問です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年10月20日 (金)

自動車保険:オデッセイの車両料率クラスと保険料

オデッセイの保険料が高いという話題は、以下のように、多く指摘されている。
http://plaza.rakuten.co.jp/tyumin/diary/200609300000/
http://kakaku.com/bbs/Main.asp?SortID=4805294
http://otasuke.goo-net.com/kotaeru.php3?q=2402999
http://wendy.way-nifty.com/my_tail/2006/07/post_9f00.html

実際、オデッセイの車両料率クラスを見ると
http://whitebirch.cocolog-nifty.com/blog/2006/10/post_98e8.html

ホンダ オデッセイも旧モデル(RA)は、
オデッセイ3000(15年式) RA8 5 4 4 4
オデッセイ2300(15年式) RA6 4 4 3 3
上のように車両クラスが比較的低く安全な車(3000cc アブソリュートは2000に比べて比べて車両クラスが高いが), これが現行モデル(RB1)では、

オデッセイ2400 RB1 6 5 5 4 
となり、ほぼ同じのオデッセイ2300(15年式)に比べて全体に1~2ランク、リスクが高く保険会社が高い。これは、同じカテゴリの車とは思えない結果。また、対人6 対物5は、ストリームに比較して特に対人が良くないといえる。

単純に言えば事故率が高いといえばそれまでだが、何故だろう。例えば、事故率がどのくらいで、1ランク上がるのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年10月15日 (日)

自動車保険:車両料率クラス表

自動車保険関連の記事をもとに車両料率クラスを下の表示にまとめました(2006/11/29更新)

この記事の訪問者様の数;(2006/11/29より)

使用上の注意
・ネットにある情報をまとめたもの。従って、信憑性はネットのデータに依存しているので、信憑性は保障できない。 しかし、データの素性とネットワーク上のデータの性質を理解していれば、参考にはなる。
・編集ミス等はあるかもしれませんのであしからず。

スバル

形式

名称

排気量

車両

対人

対物

障害

BE5

レガシィB4

2000

6

3

5

3

2006

トヨタ

ACU35W

ハリア

2400

3

4

5

5

2006

NHW10

プリウス

1495

4

6

4

3

2006

GX90

マ-ク2

2000

4

5

5

5

2005

JZX90

マ-ク2

2491

5

6

5

6

2005

993RS

993RS

3600

9

7

1

5

2006

ホンダ

E-RH1

S-MX

2000

4

5

5

4

2004

AP1

S2000

2156

9

7

6

8

2006

DC2

インテグラ

2000

9

7

6

6

2005

DC5

インテグラ

2000

9

7

6

6

2005

BE1

エデイツクス

5

4

4

4

2006

RR3

エリシオン

5

6

5

4

2006

RB1

オデッセイ

2400

5

6

5

4

2006

RB2

オデッセイ

2400

4

4

6

4

2006

EK9

シビック

1600

9

7

6

8

2005

EP3

シビック

2000

7

5

5

5

2005

RN5

ストリーム

2000

4

4

5

5

2006

RN3

ストリーム

2000

4

4

4

3

2006

RN1

ストリーム

1700

4

5

5

4

2006

RN5

ストリーム

2000

5

5

5

3

2004

RN3

ストリーム

2000

3

4

3

4

2004

RN1

ストリーム

1700

5

5

4

4

2004

RG4

ステップワゴン

4

4

4

4

2006

GD4

フィット

5

6

5

5

2006

マツダ

NA6CE

ロードスター

1600

4

5

5

5

2003

日産

BNR32

スカイラインGT-R

2568

9

6

6

7

2004

KVNC23

セレナ

2000

3

2

5

4

2005

CZ32

フェアレディZ

3000

9

5

6

6

2002

AK11

マーチ

1348

3

4

4

3

2006

S15

S15シルビア

2000

9

8

6

6

2006

GEEB

MX-6

5

7

4

6

2006

以下は、日産・トヨタ・ホンダの車両料率クラスの一覧(2004年)です。参考にしました。

車両料率クラス---日産
http://www.auto-web.co.jp/jiten/cat31/insurance/000450.html

車両料率クラス トヨタ
http://www.auto-web.co.jp/jiten/cat31/insurance/000448.html

車両料率クラス---ホンダ
http://www.auto-web.co.jp/jiten/cat31/insurance/000449.html

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年10月14日 (土)

自動車保険:車両料率クラスと保険料

(自動車保険関連の記事をカテゴリとしてまとめました)

自動車保険の保険料は、車の形式によって大きく影響される。これは車種(形式)がどれだけの事故率かを加味するための車両クラス・車両料率クラスという仕組みを保険料の算出につかっているから。保険会社共通のこのクラスは9クラスに分けられている。クラス1は安く、クラス9は高い。
では、うちの車は?
形式 RB1(ホンダ オデッセイ)
車両5、対人6、対物5、損害4 2006年

一方、前の日産 セレナは
車両3、対人2、対物5、損害4 2005年

これはオデッセイの対人、車両等の事故がセレナより統計上多いと言っています。オデッセイ(RB1)の皆さん、私も無事故を心がけますので、事故を起こさないようにお願いします。私の来年の保険料に影響がでますから!

私の場合、車の維持費の中で、ガソリン代より、保険代と税金の比重が大きいので維持費を下げるには、ガゾリン節約もさることながら、保険代を下げるのがポイント。車を買う前に車両クラスを知りたいが、この一覧はネットでは見当たらない?

| | コメント (0) | トラックバック (2)